スタッフ紹介

院長紹介

院長:瀧田 稔弥

ご挨拶

文京瀧田歯科医院のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。当院は、患者さんの歯をできるだけ残し、長くご自身の歯で食事や会話を楽しんで頂くことを目指しています。そのために重要なのは、やはり予防です。近年は何の症状がなくても歯をきれいにお掃除し、問題を早期に発見するための定期検診に通われる方が増えてきました。また、私は大学で「歯の保存」を専門に研究してきたため、治療をする時は、今目の前で起きている症状を抑えることだけでなく、将来起きうる様々なリスクを常に考えた上で最適な治療方法を提案させて頂くようにしています。ただし、最終的にどのような治療を選ばれるのかは患者さん次第だと考えています。長く歯を残したい。ちゃんと説明して欲しい。でも不必要な押し売りは避けたい。そんな方は、ぜひ当院へご相談頂ければと思います。

経歴

出身地 千葉県銚子市出身
2001年 日本大学歯学部 卒業
2002~2006年 日本大学歯学部 付属歯科病院 歯内療法科大学院
2006年 東京都神津島村歯科診療室 勤務
2006年~2008年 日本大学歯学部 付属歯科病院 歯内療法科 勤務
2008年~2010年 谷口歯科(東京) 勤務
2010年~2013年 西村歯科(埼玉) 勤務
2010年〜2012年 ペンシルバニア大学歯学部 歯内療法学講座インターナショナルプログラム 受講

資格、学会活動

  • 歯学博士
  • 日本大学歯学部歯内療法学講座 非常勤講師
  • 日本歯科保存学会 専門医
  • 日本臨床歯内療法学会 会員
  • 日本歯周病学会 会員

学会発表

Effect of mineral trioxide aggregate (MTA) on proliferation of cultured human dental pulp cells
International Endodontic Journal (2006)

ウサギ大腿骨モデルを用いたMTAの硬組織形成能に関する基礎的研究
1. マイクロフォーカスCTを応用した形態学的観
日大歯 (2007)

Mineral Trioxide Aggregate (MTA)の基礎的研究 -培養ヒト歯髄由来細胞の遊走能に与える影響について-
日歯保存誌 (2006)

Endodontic treatment of a maxillary lateral incisor with a perforating internal resorption by using cone beam computed tomography as a diagnostic aid: a case report.
Quintessence International (2011)

Ultrasonic irrigation of a maxillary lateral incisor with perforation of the apical third of the root.
Journal of Oral Science (2010)

MTAに関する基礎的研究 歯髄細胞の増殖能に与える影響について
日歯保存誌 (2005)

ラビット大腿骨モデルを用いたMTAの硬組織形成能に関する基礎的研究(1) マイクロCTを応用した形態学的観察
日歯保存誌 (2004)

超音波振動装置による破折ファイル除去法
日歯保存誌 (2007)

スタッフ

生活に密着し、未来を見据えた歯科医療を提供します。

歯は、「噛む」「話す」「笑う」といった日常生活での自然な動作に深く密着しており、歯科医療は生活医療であると言えます。治療手段としてはいろいろな方法をご用意していますが、いつも患者さんの生活を良くする、そして未来の患者さんの歯を守るというゴールを見失うことのないように心がけています。また、直接院長先生に言いづらいこと、聞きづらいことなどありましたらお気軽にスタッフまでお申しつけください。

根幹治療ガイド 監修:文京瀧田歯科医院
文京瀧田歯科医院ブログ
文京区ドクターズ interview
Doctor's file ドクターズ ファイル 当院のドクターが紹介されました 24hネット予約
TEL:03-5615-8424 メールでのお問い合わせ