一般歯科/口腔外科

虫歯治療

マイクロスコープを使い、取り残しがなく削り過ぎもない治療を実現

虫歯治療を行う上で、最も重要なことは「丁寧に処置をする」ということです。当たり前のことではありますが、大雑把に治療をしてしまうと、虫歯の取り残しが出てしまい、いずれ詰め物や被せ物の隙間から唾液などが入っていき、中で虫歯が再発してしまいます。当院では、そういったことがないよう、マイクロスコープで細かい部分までしっかりと拡大をして、先端の細い器具を使って虫歯を取り除いていきます。実はパッと見て「この辺が虫歯ができている」と分かるところでも、拡大してよく見てみると、とても複雑に虫歯が広がっていることが分かります。これは肉眼では確認できません。

そして、マイクロスコープを使った虫歯治療のもう一つの大きなメリットは、歯を削り過ぎないということです。歯は削れば削るほど弱っていき、抜けるまでの寿命が短くなってしまう傾向にあります。そういったリスクをできるだけ減らすためにも細かく丁寧な処置をして、できるだけ健康な歯は残しておく必要があるのです。さらに、健康な歯を削らないので、麻酔なしで治療を終えられることもあります。虫歯自体には感覚がないので削っても痛くないのです。

虫歯はしっかり取る。健康な歯は削らない。それが、当院が大事にしている虫歯治療です。

ラバーダムを使い、衛生状態を確保した状態で治療します

奥歯の虫歯を治療していると、途中で唾液が流れてきて、きれいにした治療箇所に細菌が付いてしまうことがあります。これでは治療効果は低下してしまいますし、万が一、その菌が残ったまま詰め物や被せ物をしたら、将来の虫歯再発リスクが高くなってしまいます。そこで当院では、奥歯を治療する際は、ラバーダムと呼ばれるシートを使用して、治療する歯に唾液が入らない状態を確保した状態で処置を行うようにしています。ラバーダムは根管治療と呼ばれる歯の根っこの治療で使用されることが多いのですが、当院では通常の虫歯治療でも活用しています。

根管治療

虫歯を放置していると、徐々に歯の中まで進行していき、やがて歯の神経や歯の根っこまでが虫歯菌に侵されてしまいます。そうなると、通常の虫歯治療とは異なる「根管治療」が必要になります。これは歯を残すためには欠かせない治療で、当院では根管治療には特に力を入れています。詳細は専門サイトをご覧ください。
根管治療についての詳細はこちら

歯周病治療

歯を守るためには、歯周病ケアが欠かせません

虫歯を早期に治す。進行してしまっても根管治療で食い止める。こういった治療ももちろん大事ですが、実は大人が歯を失ってしまう最も大きな原因となっているのは歯周病です。虫歯と違い、痛みがないため治療も遅れてしまいがちな歯周病ですが、なんと8割の日本人が罹っていると言われています。自分は大丈夫だと思わずに、まずは検診だけでもお越し頂ければと思います。ご希望の方には、位相差顕微鏡と呼ばれる装置を用いて、ご自身のお口の中の菌が動いている様子をご覧頂くことも可能です。

お口の中を清潔にするのが一番

歯周病は歯茎や顎の骨に進行していく病気ですので、虫歯のように歯を削る治療は行いません。歯石や歯垢を除去するクリーニングを行い、毎日正しい歯磨きでお口の中を清潔な状態にしていくことが治療になります。悪化している場合は、歯茎を開いて、歯の根っこに付着している汚れを取り除く処置を行うこともあります。そんな状況になる前に、まずは定期的な歯科医院でのクリーニングと、毎日の歯磨きを続けていくようにしましょう。なお、当院ではマイクロスコープを使い、肉眼では分からないレベルでの丁寧なクリーニングを実施しています。

親知らずの抜歯

親知らずは、生えてくる人と生えて来ない人、そしてそもそも親知らずを持っていない人がいます。親知らずが問題になるのは、横向きに生えてきて隣の歯を押してしまう時や、痛みや腫れが生じる時です。もし、親知らずのことで心配なことがあったり、生えてきたりした場合は、早めにご相談にいらして頂ければと思います。なお、深いところに親知らずが埋もれているような場合には、大きな病院へ紹介をさせて頂きます。

顎関節症

当院では、顎関節症の方向けに、運動療法を実施しています。お口を開け閉めするトレーニングを実施することで、顎の関節の動きを改善して、痛みやお口の開けづらさを緩和していきます。また、睡眠中の歯ぎしりが原因で顎関節症になっている場合は、歯と顎を守るためのマウスピースをお作りしています。

スポーツ用マウスピース

ラグビーやボクシングのような、お口に激しい衝撃を受けるスポーツをされている方向けに、スポーツ用マウスピースをお作りしています。一人ひとりの歯の型を取って、スポーツの種目に合った形・素材で作製しますので、お口の中にピッタリとはまり、しっかりと歯を保護しつつ、噛み締めて力を発揮することができるようになります。

根幹治療ガイド 監修:文京瀧田歯科医院
文京瀧田歯科医院ブログ
文京区ドクターズ interview
Doctor's file ドクターズ ファイル 当院のドクターが紹介されました 24hネット予約
TEL:03-5615-8424 メールでのお問い合わせ