入れ歯・ブリッジ

入れ歯

歯を失った時の治療方法として、最も広く使われているのが入れ歯です。しかし、実際にはお口の中での違和感や痛みがあったり、噛みづらかったりして、我慢して使っているという方はたくさんいます。中には、使うのをやめてしまったという方もいらっしゃるようです。当院では、そういったことがないよう、お口の中にピッタリと装着することができ、快適にお使い頂ける入れ歯をお作りしています。今の入れ歯に満足していない方は、ぜひ当院へご相談ください。

レジン床デンチャー(保険適用)

レジンと呼ばれる歯科医療用のプラスチックで作られた入れ歯です。初めて入れ歯を作られる方は、まずレジン床の入れ歯を作り、いろいろなことを調整したり自分の好みを把握したりしてから、新たな別の入れ歯を作られると良いかも知れません。

ノンクラスプデンチャー(保険外)

通常、入れ歯には金属のバネが付いており、それをお口の中に残っている健康な歯に引っ掛けることで固定します。しかし、このバネはお口を開けた時に目立ってしまい、入れ歯であることが他の人にも知られてしまうという欠点がありました。ノンクラスプデンチャーは、そのバネがなく、歯茎で入れ歯を固定するように作られており、お口を開けても入れ歯をしていることが目立ちません。また、軽くて装着感も良くなります。

金属床デンチャー(保険外)

入れ歯の土台部分に金属を使用しているため、丈夫で歪みが出にくいという特徴があります。また、薄く作ることができるため、お口の中の異物感も軽減されます。さらに、金属は熱を通しやすいという性質を持っているため、食べ物や飲み物の温かさ・冷たさを感じて頂けるというのも大きなメリットです。

ブリッジ

歯が抜けてしまった時に、残っている両側の歯を使い、人工の歯を固定する治療がブリッジです。入れ歯と比べるとしっかりと噛めるようになり、異物感も少ないという特徴があります。一方で、装着するために使用する両側の歯は削る必要があるというのが最大のデメリットです。

削る量を極力少なくするブリッジ治療

当院は、あらゆる治療において、歯を削る量をできるだけ少なくするようにしています。それが、将来に渡って歯を残すための重要な要素だからです。ブリッジ治療を行う際は、やむを得ず健康な歯を削らなければなりませんが、極力削る量は減らして歯を守るようにしています。

根幹治療ガイド 監修:文京瀧田歯科医院
文京瀧田歯科医院ブログ
文京区ドクターズ interview
Doctor's file ドクターズ ファイル 当院のドクターが紹介されました 24hネット予約
TEL:03-5615-8424 メールでのお問い合わせ