小児歯科

お子さんの将来のことまで考えた治療と予防を

幼少期のお口の中の状態をどのようにコントロールするかは、実は将来に渡って大きな影響を与えることになります。3歳頃に乳歯が一通り生えそろうのですが、そこまでの時期に虫歯菌が定着してしまうと、その菌と一生付き合っていかなければならなくなるのです。当院では、3歳以降に歯の予防を始めることをお勧めしていますが、それ以前でもお子さんの歯のことで相談したいことや確認したいことがありましたら、お気軽にお越し頂ければと思います。一緒に、大切なお子さんの歯を守っていきましょう。

まずは「歯医者さん」に慣れて欲しい

当院に通っているお子さんのほとんどは、歯医者さんに対する恐怖感なく、楽しそうにしていらっしゃいます。もし、小さい頃に歯医者さん嫌いになってしまうと、その後はずっと行きたがらなくなりますし、大人になっても適切な健診や治療を受けなくなってしまいます。そのため、どうしても嫌がるお子さんには、まずは歯医者さんに慣れてもらうところから始めていくようにいています。

お母さん・お父さんに、しっかり説明します

お子さんの歯がどのような状態なのか、どのような治療をしていくのか、今後どうなる可能性があるのか。そんな不安を抱えていらっしゃる親御さんは多いと思います。当院はお子さんの治療や健診を行う際は、お母さん・お父さんにも一緒に治療室に入って頂き、モニターでお子さんの歯をご覧頂けるようにしています。もちろん、検査結果や治療内容についても分かりやすく説明をさせて頂きますので、お子さんの歯のことが心配な方は、ぜひ当院へご相談にいらして頂けばと思います。

妊娠前から始める「マタニティ歯科」

妊娠中は、飲めないお薬がありますし、安全なお薬や治療でも避ける方が多いのが実際のところです。そのため、妊娠を考えていらっしゃるの中には、あらかじめ歯をきれいにして、妊娠・出産に備える方が増えています。妊娠するとホルモンバランスの影響で歯周病菌が増殖しやすくなりますし、不衛生なお口で赤ちゃんと接するのは良いこととは言えません。妊娠を考えている方は、これを機に予防を始め、治療が必要なところがあれば早めに治してしまうようにしましょう。

根幹治療ガイド 監修:文京瀧田歯科医院
文京瀧田歯科医院ブログ
文京区ドクターズ interview
Doctor's file ドクターズ ファイル 当院のドクターが紹介されました 24hネット予約
TEL:03-5615-8424 メールでのお問い合わせ